読売新聞の東葛放射線デマのチェーンメール報道は根拠なしと自白 柏の母親が追い込まれた記事画像


人命に関わるとんでもないことしてますね。この会社。どうやって責任をとるのでしょうか?

追記)タイトル長いので下記から変更。
デマと決めつけられる根拠は乏しかった(読売新聞3月11日記事)>柏市の母親が追い込まれた記事→読売#新聞 が5月に東葛地方に安全デマを流した写真。
読売新聞(讀賣新聞)5月16日朝刊 猫山家の例。柏市からの移住。放射能から退避。

読売新聞 平成23年5月16日朝刊から転載

「チェーンメールで放射能のデマ拡散」

福島第一原発の事故に関連して、千葉県の柏、松戸、流山と、埼玉県の三郷の計4市で、飛び地のように放射線の観測値が高くなる「ホットスポット」が発生しているといううわさがチェーンメールやツイッター、ネット掲示板で広がっている。

文部科学省原子力災害対策支援本部は「千葉と埼玉で観測されている数値は平常値と変わらない」としており、日本データ通信協会迷惑メール相談センターは「公的機関や報道機関などの根拠ある情報を確認してほしい」と注意を呼びかけている。

チェーンメールは、eqchain@dekyo.or.jp 、悪質メールは、eqmeiwaku@dekyo.or.jp へ。


●デマ拡散の記事が実はデマだった。これによって私自身の初動が遅れたのが悔やまれる。そしてこの記事によって柏市で最初に声を上げたお母さんたちの立場が窮地に立たされたことも申し添える。未だに訂正、謝罪がないことも大変遺憾である。



安全デマを垂れ流しといて、何一つ訂正がありません。
これでも、読売新聞を続けますか?

【追記】デマと決め付ける根拠は乏しいのに、紙面化したとは杜撰やね。



(2012年3月11日  読売新聞)

当初行政の測定なし/データ本紙初掲載は5月
 東日本大震災の発生後、読売新聞千葉支局は総動員で、被災現場や行政の取材に当たった。東葛地域では東京電力福島第一原子力発電所事故により、高い放射線量が観測されたが、当初は情報が不足し、どこまで書くか難しい判断に迫られた放射線問題をどう報じたか、検証する。


 昨年4月下旬、「東葛地域の放射線量が高いらしいが大丈夫か」という読者からの問い合わせが寄せられるようになった。根拠の不明確な話が多かったが、取材の結果、出所は東大のホームページだと分かった。

 東大が公開していた柏キャンパスの空間放射線量(地上1メートル)は、3月21日に毎時0・80マイクロ・シーベルトに達していた。後に国が定めた除染基準の毎時0・23マイクロ・シーベルト以上(同)よりは高いが、原発事故との関係が不明確で、紙面化は見送った。

 市民や研究者が測定した線量をインターネットで発信し始めると、住民に不安が広がった。本紙は県や市に取材したが、行政は東葛地域で測定しておらず、情報はなかった。

 こうした中、本紙5月16日付朝刊「震災掲示板」に、「チェーンメールで放射線のデマ拡大」との記事が載った。文部科学省の指摘などを引用し、柏市などで放射線量が高いといううわさは根拠がないとして警鐘を鳴らす内容だった。ただ、デマと決めつけられる根拠は乏しかった。

 千葉支局が東葛地域の放射線量を初めて報じたのは、自治体の先頭を切って松戸市が独自に測定した結果を掲載した5月26日付朝刊「東葛版」だった。

 ほかの市や県も測定を始めたが、大半は子供の屋外活動を制限する国の基準(毎時3・8マイクロ・シーベルト)を下回った。このため、7月7日付朝刊県版で報じた「放射線量 全県で基準以下」などでは、専門家の談話も交え、不安をあおりすぎないよう配慮した。

 東葛地域の放射線問題を更に大きく取り上げたのは、7月、柏市などのごみ処理施設の焼却灰から高濃度の放射性物質が検出された後のことになる。


 火災や液状化、津波被害は、当局の発表が足りなくても、記者が現場で見聞きした内容を原稿に反映できる。しかし、放射線は目には見えないし、臭いもしない。現場を歩いても、書ける情報はなかった。

 住民らが計測した数値はあったが、測定時の環境や機器の精度によって結果は違ってくるため、無条件に掲載はできない。行政の発表を待つことにしたのは、低線量被曝(ひばく)は比較的リスクが低いことを考慮した結果だが、リスクについて専門家の間でも見解が分かれる中、ニュースの価値判断が難しかったという面も否めない。

 当局も情報を持たず、記者が現場に足を運んでも事実を確認しづらいという非常時は、またいつ訪れるか分からない。それに備え、日頃から様々な知識の吸収に努め、臨機応変にあらゆる角度から取材を尽くせるよう、修練しておく必要性があると痛感した。(倉茂由美子、淵上隆悠)

(おわり)

(2012年3月11日  読売新聞)


<追記>
タイトル長くなるので変更 
柏市の母親が追い込まれた記事→読売#新聞 が5月に東葛地方に安全デマを流した写真。国の呼びかけ主の摘発、情報統制に協力している。

関連記事・:


11 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

讀賣の記事自体を「悪質な記事」としてメールで通報してやった。

Portirland さんのコメント...

>匿名さん
お疲れ様です。
讀賣のこの記事は、非常に悪質ですよね。

匿名2号 さんのコメント...

始めまして、

記事が怖いです。

読売新聞は、線量計で放射線を計って、掲示板にただ載せただけの人を、
逮捕させるつもりだったのでしょうか?)

迷惑メールの通報先まで、丁寧に書かれていて、
5月の記事は、本当に脅してますよね。

これは、一般市民に対しての脅迫記事なんですよね。

デマの根拠がなくて、通報されて、逮捕って、

読売新聞社は、本当に怖いですね。

Portirland さんのコメント...

>匿名2号さん
どうも(^。^)

この記事は、完全に脅しですよね。
プロパガンダであり、内通を喚起した記事です。

デマの根拠がなくて、記事書きましたって、子供新聞より酷いと思います。
私は、讀賣新聞みたいな、便所紙にお布施を払う必要はないと思います。

70年前の前科もありますしね。

匿名 さんのコメント...

安全デマを流すのは、自分に何らかの利権がある人たちです。
例えばホットスポット圏内のアパートの大家とか?
こぞって引っ越されたらたまんないもんなwww
「安全です」っていうに決まってる。

Portirland さんのコメント...

>匿名さん
素晴らしいご推察。私もそう思います(笑)
基本的に、現役世代は資産がないので、困りません。

土地持ちの資産家と、自宅を持っている人でしょう。
借家だったら、ちょっと手間ですが、引っ越しは容易です。

匿名 さんのコメント...

南部クリーンセンターなんか閉鎖して向こう50年は立ち入り禁止にすべきだと思うけどな

近くの小学校とかが気の毒でならないよ

柏市の放射能に対する意識は低くすぎるね

自己の利益だけ考えて安全デマを流すなんて

万死に値するね

匿名 さんのコメント...

最終処分場の放射能汚染灰がどうのって報道されてたけど、あそこら辺まだ人住んでるのな。
奇形時児の出生率とかがヤバくなるらしいけど、大丈夫なのか?
柏市って大丈夫か?

Portirland さんのコメント...

>匿名さん
柏市はいろいろ報道されてますしね。
何とも気になります。。。。

匿名 さんのコメント...

最終処分場がヤバイという書き込みをよく見かけるけど場所がわからん

Portirland さんのコメント...

>匿名さん
おはようございます^^

普通の一般ごみの最終処分場に、ほかそうとすところが多いみたいです^^

最近の記事も是非どうぞ