原子力があるから電気代が安いは嘘。沖縄は安く、気候が重要。




シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加


よく思いますよね。
原子力は単価が安いって文言。

最終処理コストも含めると、もっと高くなります。

【追記】
・ついでに東京とも追記しました。
・暖房には、別途、灯油ストーブがありますが、沖縄は暖かいので他地域が増加します。


よく、電力会社ごとの発電コストが比較されます。
ここで抜けてるのは、気候が異なるため総額が異なる事です。。

オール電化もあるので光熱費で比較する必要があります。


水道光熱費。 予備

・総務省統計局「家計調査(家計収支編)平成21年平均」の「(品目分類)第11表 都市階級・地方・都道府県庁所在市別1世帯当たり年間の品目別支出金額(総世帯)」をもとに作成。


水道とガス代を引くのはめんどいので割愛しました。沖縄はどちらにしろ低位です。

興味のある方は計算をどうぞ。水道光熱費-「上下水道料」1世帯当たり年間支出金額「ガス代」1世帯当たり年間支出金額をどうぞ。


1世帯当たり 水道光熱費 年間支出金額




第1位 277,667円 青森県青森市
第2位 273,673円 富山県富山市
第3位 260,399円 福島県福島市
第4位 258,030円 山形県山形市
第5位 256,171円 石川県金沢市
第6位 254,220円 岩手県盛岡市
第7位 251,680円 岐阜県岐阜市
第8位 246,151円 奈良県奈良市
第9位 244,616円 長野県長野市
第10位 241,030円 新潟県新潟市


第31位 207,040円 東京都23区
(水道料金 21位 ガス代 17位)

第41位 185,154円 兵庫県神戸市
(水道料金 41位 ガス代 16位)


第42位 182,756円 大阪府大阪市
(水道料金 46位 ガス代 19位)


第45位 179,604円 沖縄県那覇市
(水道料金 30位 ガス代 47位)





電気代[世帯当たり年間支出金額]
※ 総務省統計局 『家計調査』 品目別データ(平成19年) 調べ


1位石川県 (金沢市)135,814円
2位福井県 (福井市)134,310円
3位富山県 (富山市)131,859円
4位島根県 (松江市)129,837円
5位三重県 (津市)128,740円
6位岡山県 (岡山市)126,789円
7位愛媛県 (松山市)125,366円
8位徳島県 (徳島市)124,938円
9位岐阜県 (岐阜市)122,588円
10位鳥取県 (鳥取市)119,952円
11位香川県 (高松市)117,085円
12位和歌山県 (和歌山市)114,852円
13位新潟県 (新潟市)114,638円
14位広島県 (広島市)113,990円
15位山口県 (山口市)113,054円
16位佐賀県 (佐賀市)112,128円
17位大阪府 (大阪市)111,973円
18位高知県 (高知市)111,348円
19位静岡県 (静岡市)110,815円
20位秋田県 (秋田市)110,772円
21位茨城県 (水戸市)110,545円
22位山梨県 (甲府市)110,231円
23位岩手県 (盛岡市)109,697円
24位沖縄県 (那覇市)108,853円
25位東京都 (23区)108,530円
26位山形県 (山形市)108,437円
27位埼玉県 (さいたま市)107,699円
28位滋賀県 (大津市)107,197円
29位奈良県 (奈良市)107,025円
30位福島県 (福島市)106,317円
31位愛知県 (名古屋市)105,825円
32位長野県 (長野市)103,836円
33位栃木県 (宇都宮市)103,497円
34位福岡県 (福岡市)102,864円
35位神奈川県 (横浜市)102,722円
36位熊本県 (熊本市)101,505円
37位青森県 (青森市)101,089円
38位千葉県 (千葉市)100,981円
39位大分県 (大分市)100,341円
40位北海道 (札幌市)100,109円
41位兵庫県 (神戸市)99,342円
42位鹿児島県 (鹿児島市)99,334円
43位長崎県 (長崎市)97,923円
44位京都府 (京都市)97,744円
45位宮城県 (仙台市)96,933円
46位群馬県 (前橋市)94,703円
47位宮崎県 (宮崎市)93,535円


電気代だけ見ても、原発のない沖縄県の電気代が、比較的安いですね。



よくまぁ、単価が安いなんて言われています。
 予備

単価だけで比較したら分からないですよね。

↓これも、古いし廃炉や使用済み核燃料、特別会計からの補助も含めると、原発こすとh



つまり、南に行くほど、暖かいので1世帯当たりの水道光熱費が安くなります。

さらに言えば、暖房には、灯油ストーブがありますが、沖縄は暖かいので他地域が増加します。
沖縄の光熱費は、もっとリーズナブルになります。

事故のコスト(数十兆円)を考えると、沖縄はさらに安くなりますね。



シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事・:


2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

すいません,論点がわかりませんでした.

「沖縄は温暖な気候だから光熱水費がかからないので電気代(=単価ではなく支払いベース)が安い」と言いたいのでしょうか?

ということは,「東京は温暖な気候ではないので電気代(=単価ではなく支払いベース)が高い」という理解でよろしいでしょうか?

とすると,原発が云々とかいう議論にはならないと思うのですがどうでしょうか?

私は千葉県(県内で発電した電力を他の地域(特に東京都)に供給している)に住んでいて,光化学スモッグなどに悩まされている地域の人間です.なので,原発がダメだから火力を増強,,,と言われても正直困ります.

原発のことを反対する気持ちも理解しますが,こういう現実も少しは理解していただければと思います.

Portirland さんのコメント...

>匿名さん
単価ばかり見ずに、総額を見る必要があるという考え方でした。
冷暖房・調理器具でもガスと電気は競合状態にあるので、その辺も比較しないと意味がないという考えです。

火力の仰る点、理解しました。
私は、基本的に新潟・福島など、東電管轄外に迷惑施設を持っていくのではなく、電力会社の管内で解決すべきだという考え方です。

安全ならば、関東に原発を作ればいい訳です。

最近の記事も是非どうぞ