東京電力の40億円の寄付で10月1日に、新潟に大型複合施設がオープン。新潟大学も運営に関与。



無茶苦茶ですね。
寄付で金を注いでも、総括原価方式なので電気代として回収・利益も増える訳です。

□得する人達

○東電 売上↑=原価(燃料代+その他+寄付↑)+利益↑

○自治体

○刈羽村の住民・新潟大学など


□損する人達

×東電管内の住民
××東電管外の住民・・・税金払うだけ


毎日新聞 2月29日(水)12時20分配信 予備
 東京電力からの寄付40億円を受け、刈羽村が建設工事を進めている大型複合施設「ぴあパーク とうりんぼ」が10月1日にオープンする。柏崎刈羽原発に隣接し、サッカー場▽宿泊施設▽大学研修施設▽農業施設などを備えた約8・8ヘクタールの施設だ。
(中略)
 公設民営で、同施設事業のために設立された2社▽柏崎農業協同組合▽新潟大--の4事業者が運営。維持管理費は各事業者が負担する。大規模修繕は同村が実施する場合もあるという。
(中略)
 同原発に絡み東電からの寄付で建設された施設には、同原発全7基完成を記念して07年に新設された「柏崎・夢の森公園」(柏崎市軽井川)がある。寄付は60億円だった。【宮地佳那子】

2月29日朝刊

こんなのいるのか?
大学の研修施設が関与しているので、新潟大学の絡んでいるのでしょう。

以前と合わせて100億円ですか。金まみれですね。



刈羽村地域共生事業 施設建設工事進捗状況 その9
最終更新日:2012年2月29日(水曜日) 00時00分


情報発信元
産業政策課 (役場2階)

所在地:945-0397 刈羽村大字割町新田215番地1
電話:0257-45-3913
ファックス:0257-45-2818




『 ぴあパーク とうりんぼ 』 施設 愛称 決定 2011年10月20日

予備



予備

関連記事・:


2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

原発を運転するためのコストですね。まず、みんなが、クーラーやめないとね。私は付けてないし。火力の燃料は馬鹿高だから電気料金が上がって雇用も減るから、あと20年位は原発に頑張ってもらわないと。

Portirland さんのコメント...

>匿名さん
クーラーやめなくても足りるよ。

核燃料を最終処分までしたら、楽勝で原発のほうが高いよ。トータルで見ないと意味ないじゃん。

事故のコストも十分高いし。

電気料金の値上がりと、雇用の関係もよく分からない。原発爆発の影響を考えないと比較すらできない。

最近の記事も是非どうぞ