小沢一郎 週刊文春 松田賢弥記者 妻からの「離縁状」6月21日号 文字起こし(3)



全文見た所、本人(和子さん)に確認がとれておらず、プロの筆跡鑑定も行われていません。元秘書の確認だけとのこと。

▲小沢一郎 週刊文春 松田賢弥記者 妻からの「離縁状」6月21日号 文字起こし(2)

誰が小沢一郎を殺すのか?画策者なき陰謀

怪しい点は、現時点で下記参照

▲小沢一郎 週刊文春の手紙に不審な点 妻・和子は地元を離れ続けている

気になった点 裏取りが甘く見える

読む前に気になる点が4点。そもそも同じ内容の手紙を複数人に送るのかどうか。
後半に書いてある事が多いので、先に述べます。一度に文字が起こしきれませんので。

○小沢一郎さんの奥さんの名前が、和子になっている(署名はいつもそうなのか?)

○手紙後半に松田氏の取材経緯があるが、小沢一郎氏及び小澤(?)和子氏に裏をとっていない。小澤和子氏には、取材が行えていない。

○筆跡の確認は、元秘書とされる人物で、プロの筆跡鑑定ではない。

○支援者とされる人物も不明。手紙は本当に小澤和子氏、本人が送ったのか確認がとれていない。(1人の支援者とされる人物が電話したことになっているが、かなり断片的。もう1人は、手紙はきたとされるが、本人に確認したとの記述がない)。

本文

小沢一郎 妻からの「離縁状」全文公開
「愛人」「隠し子」も綴られた便箋11枚の衝撃 緊急特集 政局動乱

ジャーナリスト 松田賢弥+本誌取材班

政局がにわかに緊迫してきた―。野田首相が政治生命を賭ける消費増税法案の採決が迫り、小澤グループの動向が最大の焦点となっている。そんな中、小誌は小沢氏の政治姿勢に決定的な疑問符を突きつける文書を入手した。和子夫人が支援者に充てた悲痛な手紙を公開する!

放射能をおそれて魚や野菜を捨てた

こんな人間を後援会の皆さんにお願いしていたのかと思うと申し訳なく恥づかしく思っています。

更に五月には長野の別荘地に土地を買い設計図を書いています。

多くの方々が大切なご家族を失い何もかも流され仮設住宅すら十分でなく不自由な避難生活を送られているときに、何ら痛痒を感じず、自分の為の避難場所の設計をしています。●●●という建設会社の話ではオフィスO(0?)という会社名義で土地を買い、秘書の中里が担当しているということでした。

天皇・皇后両陛下が岩手に入られた日には、千葉に風評被害の視察と称して釣りに出かけました。

千葉の漁協で風評がひどいと陳情を受けると「放射能はどんどんひどくなる」と発言し、釣りを中止し、漁協からもらった魚も捨てさせたそうです。風評で苦しむ産地から届いた野菜も放射能をおそれて鳥の餌にする他は捨てたそうです。

かつてない国難の中で放射能が怖いと逃げたあげく、お世話になった方々のご不幸を悼む気も、郷土の復興を手助けする気もなく、自分の保身の為に国政を動かそうとするこんな男を国政に送る手伝いをしてきたことを深く恥じています。

長い間お世話になった皆さんにご恩返しができないかと考えています。せめて離婚の慰謝料を受け取ったら岩手に義捐金として送るつもりです。今岩手で頑張っている方々がすばらしい岩手を作ってくれることを信じています。

ご一家には、本当に長い間お励ましお支えを頂きましたこと心から感謝しております。ありがとうございました。

七月には別の所に住所を移しました。

ご一家のご多幸を心より祈り上げております。

小澤和子

(注・受取人が特定される記述は一部省略。伏せ字は原文では実名である)

誰が小沢一郎を殺すのか?画策者なき陰謀



▲小沢一郎 週刊文春 松田賢弥記者 妻からの「離縁状」6月21日号 文字起こし(1)

▲小沢一郎 週刊文春 松田賢弥記者 妻からの「離縁状」6月21日号 文字起こし(2)

(3)終わり (1)~(3)手紙終わり  (4)に続く (4)~松田賢弥氏の取材の過程

松田賢弥 取材過程

▲小沢一郎 週刊文春 松田賢弥記者 妻からの「離縁状」6月21日号 文字起こし(4)

関連記事・:


4 件のコメント:

h.n. さんのコメント...

この頁の簡単に確認できそうな部分で「手紙には嘘が書かれている」という事実の裏づけがとれたようです。

手紙
> 釣りを中止

事実
http://choueimaru.com/ozawa/ozawa.htm
> 民主党の小沢一郎元代表が6日早朝外房大原の魚の安全性をアピールした
> 民主党の小沢一郎元代表が6日早朝から千葉県いすみ市の大原港長栄丸を訪れ、
> 千葉県選出議員と一緒に釣った魚をその場でさばき刺し身にして食べ、千葉外房の
> 魚の安全性をアピールした。
>
> 小沢先生は釣りを楽しむ事が目的ではなく、外房地区の遊魚船の釣り客が
> 激減しているとの話を聞き、大原沖の自分で釣った魚を食し外房の魚は安全ですし、
> すごく美味しいといってくださり魚貝類の安全を自らアピールしてくれました。

なお、同日の出来事として書かれている両陛下の岩手入りが千葉県下での釣りと同じ2011年5月6日午前という記事は、検索すれば簡単に複数確認できます。

これで和子夫人本人が書いたものにせよ偽物にせよ、これを書いた人が小沢氏に悪意をもって事実と異なる表現を用いた事がはっきりしたかと。

Portirland さんのコメント...

>h.n. さん
これは酷いですね。情報深謝です。
掲載します(^^)

それにしても、週刊文春やり方がせこすぎますよね。週刊で文集掲載してるようなもので、憤りを覚えます。

匿名 さんのコメント...

澤は沢の正字体になりますので人名で使う分には問題ありません。

(常用漢字表はあくまで公文書の書式に関する指針です)

それはともかく、虚偽の告発でしてたら告発したかたは大変な事になるのでは。

Portirland さんのコメント...

>匿名さん。

ご指摘深謝です^^

支持者宛に書いたものを「澤」で書くのかなぁと素朴な疑問でした。支持者宛なら今迄「小沢」で書いてるだろうなぁと推測です(笑)

えーっと、早い話ですが。誰でもバレズに成りすましができそうですね(笑)。
このレベルの手紙が記事になるのに、むしろ驚いています。

最近の記事も是非どうぞ