週刊文春 小沢一郎妻の手紙はデマ確定 署名の筆跡比較の画像が分かりやすい 有田芳生が状況を説明


週刊文春の小沢一郎 妻からの離縁状は、デマと確定してました。
有田芳生が、署名が違うと解説してますが、画像を見ると明らかです。


いつの間にか、支持者への手紙のはずが、怪文書として普通の人にも送られている様子。消費税の採決にタイミングを合わせるはずが、ネットで見抜かれて、焦っているのでしょうかね?

▲記事一覧 小沢一郎 週刊文春 妻の手紙

▲松田賢弥 週刊文春 小沢一郎妻の手紙、千葉で釣り中止はデマ 画像と動画

この手紙の文春の記事ですが、どう見ても怪しかったわけです。
署名がでてきたようですが、比較すると一目瞭然。

筆跡が違う


有田芳生 (@aritayoshifu)
2012/06/22 15:52:19
from Saezuri
小沢和子さんの筆跡を比較してください。写真はご本人のもの。
RT @minorucchu: 永田町にコピーが広がる出所不明文書。この手紙が小澤和子氏の親筆なのかは不明。全11枚もの。
pic.twitter.com/xsqScG6M
 fotolog.cc/a4xDSo
 

怪文書

署名

筆跡の比較が分かりやすい画像


新聞なんか読むな!小沢一郎日本立て直せ! (@lllpuplll)
2012/06/24 02:28:00
 from web
★おまたせ!★【小沢一郎さん、ニセ手紙事件】筆跡、比較できました。ジックリとご覧ください。@iwakamiyasumi
 @aritayoshifu
 @kskt21
pic.twitter.com/R8b797xT
 


全然違いますね。

戸籍はキレイ 小沢和子氏も困惑

有田芳生 (@aritayoshifu)
2012/06/23 13:43:12
 from Saezuri
「小沢一郎夫人怪文書」。「離婚しました」と書いてあるが、政治ジャーナリストの藤本順一さんによれば、「戸籍はキレイなまま。まだ離婚は成立していない」という。詳細は来週発売の「SPA!」をぜひ。私が入手したホンモノの手紙をもとに専門家による簡易鑑定を行っています。



有田芳生 (@aritayoshifu)
2012/06/21 09:01:46
from Saezuri
「週刊文春」掲載の小沢一郎夫人「直筆」手紙。夫人と親しい女性に「別の手紙」を見せてもらった。「し」「た」といった文字は筆跡が全く異なる。ホンモノと断言できず。書かれた大震災後の小沢氏の行動は偽造。こんな騒ぎになると知らなかったと夫人は知人に困惑を語る。政治的意図ある「私信」公開。

有田芳生 (@aritayoshifu)
2012/06/21 09:11:24
 from Saezuri
【補筆】「週刊文春」の小沢一郎夫人「直筆」手紙。夫人と親しい女性に「別の手紙」を見せてもらった。「し」「た」といった文字は筆跡が全く異なる。「文春」手紙はホンモノと断言できず。書かれた大震災後の小沢氏の行動は偽造。騒ぎになって驚いていると夫人は困惑。政治的意図ある「私信」公開だ。
有田芳生 (@aritayoshifu)
2012/06/21 10:17:40
 from Saezuri
小沢夫人「偽造」(大震災後の行動)手紙。立花隆さんや政治評論家などが手紙を「すべて」事実と思い込みコメントするのは笑止千万。批判精神の放棄、喪失。困惑の夫人も小沢氏も否定せず。それが人生観。「否定しない」ことを前提の「私信」公開。詳細は政治ジャーナリストの藤本順一さんと対談する。

デマを流した週刊誌と該当号はこれ。


各地に怪文書として、乱れ飛んでいる模様

衆議院 参議院全議員に送付


有田芳生 (@aritayoshifu)
2012/06/21 15:10:40
from Saezuri
浅草の消印で「週刊文春」に掲載された小沢一郎夫人「直筆手紙」(コピー)が届いた。もはや怪文書並に扱われている。詳細は政治ジャーナリストの藤本順一さんとの対談で明らかにする。

有田芳生 (@aritayoshifu)
2012/06/21 21:44:57
from Twitter for iPhone
あちこちに届きはじめましたね。“
@corochin61@aritayoshifu
きょうは信州のわたしのところに、「小澤和子」さんなる方の手紙が届きました。消印は豊島で20日付け。”

有田芳生 (@aritayoshifu)
2012/06/21 22:44:48
from Twitter for iPhone
住所の宛名は印刷。会館部屋番号と名前は手書き。20日の消印。“@minorucchu: 小澤和子氏の手紙とみられる文書が本日、何者かにより衆参両院全議員へ郵送された。消印は浅草、神田。オイオイ、謀略の主は誰なのか。”

一般の人に届いたとの報告


土佐の酔鯨 (@tosa_suigei)
2012/06/21 17:53:43
from Twitpic
twitpic.com/9yu1qr - 例の小澤和子の私信(とされているもの)のコピーが封書で届いた。全部で11枚。差出人の名前は空白だ。切手が貼ってあり消印らしきものがあるが読み取れない。ダミーかもしれない。本物かどうかは身近な人が見ればすぐわかることだろう。そ
 



風間新吾(城南信用金庫ユーザー) (@kazamazov)
2012/06/21 22:54:59
 from web
うちにも届きました! 消印は赤坂。僕のような一般人に送りつけて何の意味があるのかなぁ?? RT @aritayoshifu :浅草の消印で「週刊文春」に掲載された小沢一郎夫人「直筆手紙」(コピー)が届いた。もはや怪文書並に扱われている。 pic.twitter.com/hQRq49Mr
 



kumiko.T (@kumiko19570219)
2012/06/22 22:21:34
from Twitter for Android
@aritayoshifu 我が家にも届きました。一般人に送る意味は?こんなことまでするって(笑)pic.twitter.com/8i3nljUQ
 

誰が小沢一郎を殺すのか?画策者なき陰謀
 


週刊SPAで明らかになる予定とのこと


有田芳生 (@aritayoshifu)
2012/06/22 16:06:59
from Saezuri
「小沢一郎夫人の手紙は捏造だ」と断言する政治ジャーナリストの藤本順一さんと対談。小沢氏が京都から立候補を考えているなどといった手紙の内容から「もう少し信憑性ある怪文書に」と皮肉。「永田メール」事件を思い出させるとも指摘。私は入手した夫人の直筆手紙と比較。来週号の「SPA」掲載だ。

有田芳生 (@aritayoshifu)
2012/06/22 22:08:51
from Saezuri
「週刊文春」が報じた「小澤和子」書簡。20日には全国会議員に送付されたが、その後も都内だけでなく愛知県などにも送られていることがわかった。何物かによる組織的「怪文書」送信。書簡では「離婚しました」とあるが、そうではないと聞いた。月曜日には真偽が明らかになる。

議員やマスコミに苦言


有田芳生 (@aritayoshifu)
2012/06/22 22:24:45
 from Saezuri
小沢一郎さんに今日会ったある議員。「あの記事どうなんですか」「いや〜ビックリするねえ」。それだけ。ご本人は反論するまでもない内容と判断。「事情を知っている人は問題にしないよ」。それが誤解を生むと私などは思うのだが、小沢一郎という政治家としての原則だから仕方ない。

有田芳生 (@aritayoshifu)
2012/06/23 08:42:10
from Saezuri
読売新聞が「小沢一郎夫人怪文書」を記事にした。反小沢のためなら何でもやる悪質さ。筆跡鑑定を行い、さらに内容が事実かどうかを確認する。その手順をふまない記事は醜悪なプロパガンダだ。自宅にいない夫人が小沢氏の行動を書けるはずがない。しかも京都を選挙区にしたいなどありえない記述が多い。

有田芳生 (@aritayoshifu)
2012/06/23 09:14:19
from Saezuri
怪文書に変質した「小沢一郎夫人書簡」。毎日新聞によれば民主党衆院議員のほとんどと参院議員の一部、さらに野党議員にも送られたという。消印は「本所」「浅草」「神田」など。都内や愛知などの民主党支持者にも届いている。組織的な撹乱工作。「放射能で逃げた」という事実無根の印象操作だ。

追記 ここまで酷い手法をとるわけ
▲野田内閣の消費税増税 支持率1% 自民党と公明党は0% 簡易調査




誰が追い込まれているのか、明らかですね。

関連記事・:


0 件のコメント:

最近の記事も是非どうぞ