a nation大阪長居公園落雷で死者 現場写真と原因はエイベックスの商売優先

a nation、エイベックスの長居公園ライブにきていた方に死者がでました。被害写真を見ると、木が裂けています。エイベックスは中止を決断しなかったため、2度目の落雷被害者をだしています。継続判断後どういった顧客誘導をしたのか、その責任が問われています。


時系列まとめ

○午後2時ごろから雷を伴った強い雨


一度目の被害者

○午前11時 グッズ販売開始
    ↓
○午後2時15分 長居公園で20代女性4人倒れている 2人が心肺停止
午後6時58分 1人死亡

    ↓
公園内の第2陸上競技場南側の植え込み付近に落ちたとみられる。
    ↓
第2陸上競技場では出場アーティストのグッズ販売(11時から開始)


二度目の被害者 防げたのでは

○午後3時5分 別の場所で男女6人を病院に搬送 落雷の影響は不明
追記)グッズ販売の『のぼり』に直撃(文末の記事ご参照)

EXILEなど人気アーティストの野外コンサートが予定されていた長居陸上競技場南側のブース付近にも雷が落ち▲下記記事の引用ご参照
    ↓
○午後3時12分参加者つぶやき 予定通りと考えていた(下記、つぶやきご参照)
    ↓
○午後3時30分 開始予定時刻
    ↓
○午後4時公演時間の変更を発表
    ↓
○午後4時40分に公演時間を変更
▲エーベックスHP


運営の甘い誘導 2回目落雷付近の様子

2回目の落雷は報道では午後3時頃になっていますので、この頃ですね。

吉川祥世
(@sachiyo116)

2012/08/18 15:01:39  
from ついっぷる Pro for iPhone
会場付近にカミナリおちたー!!!
吉川祥世
(@sachiyo116)

2012/08/18 15:12:35
from Instagram
a-nation studium fes. @長居スタジアム えーと、ただいま雷雨。15時半スタートできるのでしょうか。。
instagr.am/p/OdXVfXwLze/

現場の方が15時半開始のつもりでいたことがよく分かります。


吉川祥世
(@sachiyo116)

2012/08/18 15:17:27
from ついっぷる Pro for iPhone
@senogawa_dogs もはやスタジアムから出ることはできない雨の強さヽ(´o`;
吉川祥世
(@sachiyo116)

2012/08/18 15:38:43
 from ついっぷる Pro for iPhone
@senogawa_dogs 雨は弱まり空が明るくなってきました~( ´ ▽ ` )ノ
吉川祥世 (@sachiyo116)
2012/08/18 23:10:37
from ついっぷる Pro for iPhone
長居公園に落雷で…のニュース。あの時ずぶ濡れになりながらだけど、早めにスタジアム内に避難してよかった。降りはじめた頃は木の下にいた…考えただけでコワイ。 bit.ly/SzTPw1

運営側の判断の遅れが2回目の被害に繋がった可能性が高いですね。

いつ頃からスタジアムに入れていたのか、収容能力の余力がどれ位、あったのかエイベックスは時系列で記者会見を行うべきですね。

サマーソニック大阪は避難指示をだしていた模様

▲大阪ゲリラ豪雨写真がやばい 長居公園A-NATIONコンサート客に落雷被害発生2012/08/18

『サマソニ大阪。豪雨と落雷により避難指示きた。』とのつぶやきがあり、エイベックスが避難指示を出したのかどうかも、今後、問われるでしょう。長居公園でグッズ販売をしていたので商売優先と言われても仕方がないですね。

毎日新聞と朝日新聞の報道 1人死亡1人重体

毎日新聞 8月18日(土)20時47分配信

大阪府警などによると、午後2時15分ごろ、長居公園の南西入り口近くで樹木に雷が落ち、22~24歳の女性4人が病院に搬送された。このうち、福岡県行橋市中津熊、会社員、木下晴日(はるひ)さん(22)が搬送先の病院で死亡。北九州市の22歳とみられる女性も重体。約45分後には、EXILEなど人気アーティストの野外コンサートが予定されていた長居陸上競技場南側のブース付近にも雷が落ち、15歳の男性1人と16~62歳の女性5人が軽いけがをした。木下さんはライブに向かう途中だったとみられる。



大阪の公園で落雷、1人死亡1人重体 北アでも男性死亡

2012年8月19日1時17分 朝日新聞
 大阪府警によると、野外のライブコンサートが予定されていた大阪市東住吉区の長居公園では、午後2時過ぎと3時ごろに落雷があり、計10人が病院に搬送された。最初の落雷で福岡県行橋市の会社員、木下晴日(はるひ)さん(22)が心肺停止になり、午後6時58分に死亡が確認された。ほかに福岡県北九州市在住とみられる22歳の女性1人が意識不明の重体、10~60代の男女8人が軽いけが。




【1回目の落雷】
○木下晴日(きのしたはるひ)さん死亡 22歳←ライブに向かう途中

○北九州市 女性重態 22歳

【2回目の落雷】
1回目の落雷でライブ中止を決断しなかったためケガ

○屋外コンサート予定のブース付近で落雷 男性1人女性5人がケガ

====(追記)2回目の落雷は、 野外ライブのグッズ売り場の『のぼり』に直撃
ゆずぽん
 (@yuzupon_panda)

2012/08/20 01:52:34 
from Twitter for iPhone
@Portirland こんばんは。東京新聞の落雷の記事ですが、二回目の落雷の被害者は書かれていませんでした。謎です。 東京新聞8/19朝刊。長居公園落雷記事です。 pic.twitter.com/VThl74Bx 


=====追記終わり======

2回目の落雷被害者は、コンサートの中止を決断しなかった、誘導が遅かったためケガをしている可能性もありますね。開始時刻を遅らせる決断も遅れており、エイベックスの商売優先・判断力欠如が被害を生んだのではないでしょうか。今後の報道にも注目したいと思います。

関連記事・:


20 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

でもライブ会場に向かう時に交通事故に遭遇したって、誰も何も話題にしないよなあ。交通事故を避けるのも、雷を避けるのも、自己責任じゃね?会場に入るまで

Portirland さんのコメント...

>匿名さん。
>でもライブ会場に向かう時に交通事故に遭遇したって、誰も何も話題にしないよなあ。

納得です。1回目はなかなか難しいところだと思うのですが、2回目が会場付近で亡くなっていいて、雷を受けた理由がいまいちよく分からないのですよね。

人によっては、会場付近の屋内で雨宿りをしていたようです。開演直前とグッズ販売がややこしい所でしょうね。

匿名さんの仰る通り、avexもやましい点がないのであれば、当時の状況を早くだすべきかなぁと思っています。(続く)

Portirland さんのコメント...

(続き)
a nation大阪落雷事故後の動画写真分析 周辺に多数 2012/08/20
http://portirland.blogspot.jp/2012/08/a-nation-osaka-rakurai-doga-shashin.html

この中で、2回目の落雷はのぼりに直撃されたとあります。私も、記事を見ました。

野外ライブのグッズ売り場の『のぼり』に当たったと記載があります。

そうなってくると、現場の模写を、avex側はHPなどで、一層、積極的に告知すべきと思うのです。

匿名 さんのコメント...

私の友達が亡くなった二人の方の近くにいました、白眼を向いて胸あたりは焼けていたそうです。友達は自分の子どもがEXILEのキッズダンサーでステージに上がるから保護者で会場に来ていました。一応関係者だからかエーベスタッフから楽屋に誘導されたらしい。 でもあれだけの事故で普通にコンサートが始まったのが背筋凍ったって言ってました。

Portirland さんのコメント...

>匿名さん
情報深謝です。
胸辺りという事は、ネックレスか何かをされていたのでしょうか。痛ましい限りです。

関係者の方は、優先的に会場に入場して安全な所にいたという事でしょうか。

仰る通り普通にコンサートを始めるのには、未だに驚いています。

匿名 さんのコメント...

私も第二競技場付近にいました。
グッズ販売の為に使っていたからか第二競技場のスタンドは立入禁止になっていて安全な逃げ場がなかったです。木の下にいる人達もかなりいました。私達は木の下は危険だから倉庫のような場所の軒下にいました。それでもほぼ外にいるようなものでずぶ濡れで雷の恐怖に、おびえていました。
係員の人達は非難したのかいなくなり一時間以上たってだいぶんおさまった頃にやっとスタンドに入れてもらえました。事故があったからでしょうか?対応が遅すぎでした。
木の下にいた事は確かに自己責任です。でももっと早くスタンドに誘導してくれてたらと思うと残念です。

匿名 さんのコメント...

私は長居トレーニンクセンターにいました。避難してくる人で満員でした。もっと避難場所を確保しないといけません。

匿名 さんのコメント...

私は当日、ちょうど2回の落雷があった地点の真ん中にある、グッズ売り場付近にいました。
今考えれば、長居公園は、陸上競技場ということもあり屋根のあるしっかりした建物は、本会場のスタンド席か、第二陸上競技場にある観覧席のような建物くらいだったと思います。

ちょうど14:00頃降り始めた雨は、5分ほどで
痛いくらい大粒の豪雨に変わりました。
そのとき、第二陸上競技場のXPERIAブースにかけこみましたが、
急な豪雨だったため、パラソルや木下に駆け込んで身動きがとれなくなっている方も非常に多く、
私のいたテント内にも付近の来場者の方々が雨宿りにきて一時、12畳ほどのテント内が満員になるほどでした。
しばらくすると、
雨と風で仮設テントの屋根が崩壊しそうになり、ブースの方の指示で、すさまじい豪雨の中、走って観覧席下に避難するよう指示されました。
間一髪、ほとんどの人が避難し終わった直後、ブースのテントも崩壊し天上から蛍光灯が落ちて来ました。
ブースの方の対応がもっと遅かったら、本当に危なかったと思います。

言われた通り観覧席の下に避難しましたが、主催者側の誘導の人などはまったくいませんでした。
既に通路は人でいっぱい、室内は出演者控え室などになっていて入れず、しかたなく軒下のような所で雨を凌いでいたとき、かなり近くで2度目の落雷がありました。
目の前が真っ白と紫になり、バリバリ、ドカン、というすごい音と熱とでびっくりしました。
私の隣にいた男性は、
雨を伝って少し感電したらしく、手足がしびれた、と言っていました。(後に病院で調べた所、感電で一部負傷していたそうです、)

私は幸い、落雷による影響はありませんでしたが、
雨が降り始めて止むまで、14:00から15:00のあいだ、
ツイッターやa-nationの公式サイトで公演時間や中止、延期、避難について何の発表も無く、
現地での指示も何もありませんでした。

野外イベントで雨宿りする場所が本当に少なかったのもありますが、主催者側の対応の遅さは本当に問題だと思いましたし、
本来コンサートは15:30開始だったので、
ちょうどコンサートに来る人が集まってくる
時間帯の集中豪雨、近くの駅等は冠水で一時閉鎖されていたりしたにもかかわらず、ネット上での案内も何もなかったり 一部出演者が「みんな、イベントはまだ中止になってないよ!」と呼びかける等
対応の不適切さが本当に目立ったイベントでした。

匿名 さんのコメント...


はじめまして、

落雷を受け、心肺停止一時間以上たち病院到着でした、娘の母親で御座います。

只今、提訴をしておりますが信じられない対応でした。
娘はアリーナ席 14:23の長居陸上競技場の写真は誰1人写っておらず、当日行かれた方から聞きましたが、アリーナ席の方は、排水作業の為、全員会場外へと出されたと言われておりました。
長居駅では、警察が明石の花火事故のような将棋倒しに成らない為、地下鉄長居駅に避難された方々を雷暴雨の中、長居公園へと出されたそうです。
娘は、南トイレ付近に溢れ、ライオンズの森トイレに移動中足から被災 医師から直ぐにAEDをあてて居れば助かった可能性が高いと言われました。
それでも、病院到着して息を吹き返し15時間40分生きてくれました!
雷が鳴り出すと娘の近くに居たスタッフは一番始めにいなくなり救急車が出て行くまで誰も来なかったそうです!
救急車は直ぐそばにあったのに出動せず、外から随分経って到着しております!
娘がAEDをあてられ、アリーナ席から出された、長居駅から出されたと言われると大変な事を成るので来なかったのと私は思っております。
昨日、裁判官達と長居公園へと行きましたが、アリーナ席には、並ばせずにすんなり入れたと言われて、過去にEXILEさんのライブに娘と6回行きましたが、一度も数時間並ばずに入った事はありません。
娘が亡くなって居るので、刑事告訴も出来ないと言われ、死人にくちなし状態です。
どんな情報でも構いません。
当日行かれた方 情報をお願い致します。

匿名 さんのコメント...

落雷で被災致しました娘の母親で御座います。
昨日、長居公園で主催者の話しでは、第2陸上競技場のブースの後ろには、誰でも避難する事が出来たと裁判官に説明されておりました。
娘は、アリーナ席ですが、排水作業の為、13時30分に入られた方々を全員会場外へ出されたとアリーナ席の方からお聞き致しました。
その方は、ご自宅が近くなので、雷暴風雨の中、ご自宅に戻られたそうですが、遠くから来た方は、木のしたやトイレ付近にかなりの方が行き場を無くして居たとか!!
娘は、南トイレの後ろに居たが、スタッフの誘導も無く、木の下は危険と走り出した途端、雷に遭ったと、当時事故後楠木に一時間後来た方々でその話で持ちきりだったそうです!
報道が全く違い驚いたと数名から聞いております。

匿名 さんのコメント...

すみません、当時の事を教えて頂きたいのですが、アリーナ席の方は会場外に出された午後4時に入れたものの、雷がまだ16時30分頃 雨と雷が遠くで成っていたと聞いております。
傘しか持っていない方は、午後5以降しか入れなかったと聞いております。
雷は、会場内のポールにも2~3個落ちて、後ろの方は、聞こえなかったと聞いております。
宜しくお願い致します。 

Portirland Portirland さんのコメント...

>匿名さん
匿名さん、こんにちは。
報道内容と違う部分が多いということは、何らかのリークがあったのでしょうか。

付近の人が、落雷で痺れたとうお話、生々しくて驚きました。

コンサートなどの興行は、利益優先ではなく、安全第一にして欲しいですよね。

匿名 さんのコメント...

長居公園へ毎日行きますと、毎日散歩をしている方々から、この場所はメイン導線です、スタッフの誘導がないと行けない場所ですと口々に言われます!
私が、当日楠木と長居公園入り口付近の売店寄りの木下に雨宿りをしていた方々から当時の聞いた事をご説明しますと驚いておられます。
その方々が言われるには、スタッフさんは誘導しないといけない場所ですと私は思いますよですと??
救急搬送は1人で搬送!
病院には、誰ひとり来ていなかったとお話し致しますと、そんな馬鹿な話しはないと言われます!

この場をお借り致しまして、
懸賞金
娘が並んでいます写真を裁判所に提出していただける方50万円
ライオンズの森トイレ付近が雨の降る少し前プラカードに二時間半待ち書いた写真を裁判所に提出していただける方には1万円

懸賞金を出しますので、宜しくお願い致します。
          
              岩永和子

匿名 さんのコメント...

長居公園へ毎回行きますと、毎日散歩しておられます方々から、この場所はメイン導線です、スタッフの誘導がないと行けない場所ですと口々に言われます!
私が、当日楠の木と長居公園入り口付近の売店寄りの木の下に雨宿りをしていた方々から当時の聞いた事をご説明しますと驚いておられます。
その方々が言われるには、この楠の木辺りは、スタッフさんが誘導しないといけない場所ですと私は思いますよと??
救急搬送は1人で搬送!!
病院には、朝まで待ちましたが誰ひとり来ていなかったとお話し致しますと、そんな馬鹿な話しはないと言われます!


この場をお借り致しまして、
懸賞金
娘が並んでいます写真を裁判所に提出していただける方50万円
ライオンズの森トイレ付近が雨の降る少し前プラカードに2時間半待ち書いた写真を裁判所に提出していただける方には1万円

懸賞金を出しますので、宜しくお願い致します。

岩永和子 さんのコメント...

娘の落雷事故の裁判ニュース
落雷事故 EXILEと検索致しますと読めます。
娘を亡くし、1600万円のお金を費やしました。
皆様のお子さまが被災したとお考えで、この落雷事故を読まれて下さい。
近年、都市型ライブ、5万人規模です、数千人が1度に被災してもおかしくない時代、保険を掛けて楽しませる、親として考えて下さいませ。
落雷事故後、直ぐに箝口令(カンコウレイ)報道規制が敷かれた、岩永牧子の母 岩永和子
ヤフーニュースより
裁判は2月29日に結審した。判決は5月16日に大阪地裁で言い渡される。

【引用画像】
チラシ表面
チラシ裏面
http://pmc-kitakyushu.com/makiko/
【参考情報】
たむごんの白熊ニュース
a nation大阪長居公園落雷で死者 現場写真と原因はエイベックスの商売優先
2012年08月19日
http://portirland.blogspot.jp/2012/08/nagaikoen-avex-osaka.html?m=1

◆意見・感想◆
最初にこの報道をyahooニュースにて見ました。
yahooニュース版
屋外コンサート落雷死亡事故は防げなかったか? エグザイル公演に出かけた娘落命 母の無念
アジアプレス・ネットワーク 2016年3月15日(火)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160315-00010001-asiap-soci
そして、ニュースのコメント欄に下記のコメントを書きました。

>雨と落雷を避ける為に、14時10分過ぎ(訴状では10分~15分)に公園内の木陰に避難、そして落雷。
雨を避ける目的が主で雷を避ける目的はおまけという意味での木陰への退避だと思うのですが・・・。
まあ、被害者ではないからどのような心情でそのような行動をしたのかはっきり言い切れないが、雷を避ける目的のみで木陰に隠れるよりは雨対策がメインでしょう。
何にしても、イベント会場外での事で尚且つイベント開始時間ではないタイミングでの事故に主催者が責任を問われるのならば、今後の世の中の全ての事故について予見性の理論で因果関係を追求できるというトンでもな話になってきますよ。

ところが、その後にyahooニュースのコメント欄にて書かれたもの読んでいると被害者の母親の書き込みがあり、事件様相が報道と違うものだというのがわかってきました。
岩永 和子 
https://www.facebook.com/iwanagakazuko
宇津崎 和子 facebook
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006456823153
上記の意見陳述書を整理し時系列化すると、
2012年(平成24年)8月18日(土)
[13時30分]
開場時間を目標に会場の長居公園に向かう。
地下鉄から降り公園内に入り行列に並ぶ。
[14時10分~14時15分頃]
落雷事故に遭い心肺停止。
となりますが、yhaooニュースのコメント欄で岩永和子氏の書き込みを見ると、
[13時30分]
開場するが、雨が降ってきたので排水作業の為にアリーナ席に既に入場していた観客はスタッフが会場外に誘導。
会場外で並んで待っていた観客が急変した天候悪化で、長居スタジアムに向かい数万人が会場に入ろうと殺到するが入場禁止で入ることができず。
長居公園の道路は雨で川のようになってしまい、少しでも濡れないように数万人が木の下に避難して誘導待ち。
その後、落雷事故発生。
という流れのようです。
宇津崎 和子 facebook
目撃者の証言動画
https://www.facebook.com/100006456823153/videos/1905428289682380/
さて、急変した天候悪化がどの位のものだったか上記の【参考情報】の[たむごんの白熊ニュース a nation大阪長居公園落雷で死者 現場写真と原因はエイベックスの商売優先]の落雷位置情報と、当日の動画をご覧ください。
youtube
落雷事故同時刻 主催者側テントからの投稿14:14
https://youtu.be/j1vK1vOcGYk
さすがにこのレベルの雨天は問題でしょう。
これで避難先の誘導がなされないというのはいかがなものでしょうか?
しかも今回のケースでは、一部の観客をイベント会場から屋外に誘導するも雨天を凌げる場所への案内もせずに動画の状況で会場外で待たせるという流れのようです。
それと、スタジアムの周りではグッズの販売がなされていて集客がなされていたという情報もあります。
上記の状況ではありますが、しかし、イベント中の事故ではありません。
会場に入場中の事故について主催者がどこまで責任を負うのかという裁判になっています。
下記はイベントに参加した方のブログです。
What Cha' Gonna Do
大阪から無事に帰ってきましたΣ(>д<)

http://pearl.x0.com/pg_blog/diary.cgi?no=1629&continue=on#continue
イベント中の落雷事故では下記の裁判判例があります。
弁護士村上英樹のブログ
サッカー試合中の落雷事故で高校などに賠償命令 [くらしと安全(交通事故その他)]
http://h-m-d.blog.so-net.ne.jp/2008-09-18

上記を踏まえつつ考えると、イベント中の落雷事故は主催者の安全配慮義務が求められますが、今回のエイベックスのコンサートの場合はイベント開始前の事故です。
・主催者側の安全配慮義務としてイベント当日の落雷注意報への対応と、観客の避難誘導先の確保について不備のある点。
・会場への入場待ちの観客に対して天候悪化時の避難誘導自体もしっかり行われていない様子。
・落雷事故発生後の被害者に対する救命行動の有無。
など、幾つかの点で疑義があります。
これが"被害者が家を出た瞬間の落雷事故"ならばこのような物言いはしませんが、会場に入場する為に並んでいたのならば、既に主催者の監督指揮権の中にいる状態だと推察できます。
そして、主催者が妥当性のある避難場所への誘導をしたのに被害者個人が自身の判断で主催者の誘導を無視して行った行動ならば被害者個人の責任に帰結していくでしょうが、まったくそのような状況でもありません。
そういう環境の中に数万人の観客がいるのですから、観客個々に独自の判断で避難行動をするのは難しいと思えます。
この不具合をなくすために主催者が安全配慮義務として避難誘導の仕組みを整えているのです。
仮に今回の件が被害者の落ち度で判決が出てしまうと、今後に行われる大規模イベント時にも
「自分の身を自分で守れ」
という仕組みになってしまうので、極論で言うと
「イベント入場前は主催者の避難誘導の有無を勘案せず、自身の判断で最適な避難をしなければならない」
との判断になってしまいます。
相当な緊急事態時はそのような判断もありえますが、一般的には主催者の避難誘導に従うのが筋なので、もし観客が個別に判断して対応するのが標準化してしまったら、数万人規模のイベントではパニックに繋がっていきますよ。
この事件の責任が誰にどのような形の結論になるのかは私もはっきり予想できませんが、今後の大規模イベントにおける入場時の会場周辺の責任の所在について明確な指針となるでしょう。
写真は、長居スタジアム14:23Twitterより、アリーナは、ゼロ 誰1人いない❗

Unknown さんのコメント...

警察が、隠蔽
「救急搬送記録も、改ざんされました!
今年の1月12~16日 長居公園に岩永牧子銅像を作る為、嘆願書の書名活動中、3人の方から、娘さんの落雷事故、救急車の到着が一時間近く遅れて、見殺し状態だったと聞きました!
2月28日~3月1日の3日間にも、同じ様に言われ、 この3年8ヶ月で30人近くの方から聞きました。
4月6日~8日 当日、南トイレ前にいた方で、救急車到着が、時計をみたので、間違えなく  15時10分、救急搬送記録の14時34分は、真っ赤な嘘だと話して下さいました。 これは、犯罪です。 家族を騙し、世間を騙した 者は、許しません! それから、裁判所に、長居パークセンターの元社員(K)氏が救急車到着は、14時34分 それも、驚く事に我々の弁護士が書類を出した! 長居パークセンターは、主催者側の人間です!(怒) 裁判所に、提出する前、裁判官に裁判中 次の裁判で、元長居パークセンターの方と連絡がとれたと言われ、書類を出すと話した為、 裁判が終わった時、私は裁判室のドア付近で、大声をあげ、何で嘘をついた長居パークセンターの証言を出すのかと大声で怒鳴りました! 依頼者無視 315万支払って、裏切られたと思い、あれから、我々の弁護士を、心の底から恨むように成りました! 下記の、URLをクリック致しますと、長居パークセンターが言われる救急搬送記録が違う事が、はっきり分かります!!  この三年と8ヶ月 1ヶ月~2ヶ月に2日間必ず、長居公園に行き 足に豆を作りながら、大勢の方から岩永牧子(落雷事故)が報道とは、全く違う事を少なくとも30名以上の方から証言を頂きました!しかし、我々の弁護士は 3名の証言者の住所、名前、電話番号を知らせましたが、連絡するとこなく 挙げ句の果てに証言者を(ホームレス)扱いされ、裁判書に提出しませんでした! 3人の方は、年金者、会社員、◯◯の会長様です! 誰一人ホームレスはおりません! 落雷事故後、直ぐに箝口令(報道規制)が敷かれた岩永牧子の母  岩永和子(55歳まで生きましたので、全財産と命をかけ、真実をミクシィとfacebookで、お話しして来ました母親) 落雷事故のヤフーニュース https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1533414603626667&substory_index=0&id=100008744266436&refid=17&_ft_=top_level_post_id.1533414603626667%3Atl_objid.1533414603626667%3Athid.100008744266436%3A306061129499414%3A82%3A0%3A1462085999%3A3236792123707909052&__tn__=%2As# 読まれて下さいませ。」 - このメールに返信することにより、投稿にコメントすることができます。        Facebook        岩永 和子さんが、あなたがタグ付けされているリンクにコメントしました    岩永 和子4月10日 16:09 救急搬送記録も、改ざんされました! 今年の1月12~16日 長居公園に岩永牧子銅像を作る為、嘆願書の書名活動中、3人の方から、娘さんの落雷事故、救急車の到着が一時間近く遅れて、見殺し状態だったと聞きました! 2月28日~3月1日の3日間にも、同じ様に言われ、 この3年8ヶ月で30人近くの方から聞きました。 4月6日~8日 当日、南トイレ前にいた方で、救急車到着が、時計をみたので、間違えなく  15時10分、救急搬送記録の14時34分は、真っ赤な嘘だと話して下さいました。 これは、犯罪です。 家族を騙し、世間を騙した 者は、許しません! それから、裁判所に、長居パークセンターの元社員(K)氏が救急車到着は、14時34分 それも、驚く事に我々の弁護士が書類を出した! 長居パークセンターは、主催者側の人間です!(怒) 裁判所に、提出する前、裁判官に裁判中 次の裁判で、元長居パークセンターの方と連絡がとれたと言われ、書類を出すと話した為、 裁判が終わった時、私は裁判室のドア付近で、大声をあげ、何で嘘をついた長居パークセンターの証言を出すのかと大声で怒鳴りました! 依頼者無視 315万支払って、裏切られたと思い、あれから、我々の弁護士を、心の底から恨むように成りました! 下記の、URLをクリック致しますと、長居パークセンターが言われる救急搬送記録が違う事が、はっきり分かります!!  この三年と8ヶ月 1ヶ月~2ヶ月に2日間必ず、長居公園に行き 足に豆を作りながら、大勢の方から岩永牧子(落雷事故)が報道とは、全く違う事を少なくとも30名以上の方から証言を頂きました!しかし、我々の弁護士は 3名の証言者の住所、名前、電話番号を知らせましたが、連絡するとこなく 挙げ句の果てに証言者を(ホームレス)扱いされ、裁判書に提出しませんでした! 3人の方は、年金者、会社員、◯◯の会長様です! 誰一人ホームレスはおりません! 落雷事故後、直ぐに箝口令(報道規制)が敷かれた岩永牧子の母  岩永和子(55歳まで生きましたので、全財産と命をかけ、真実をミクシィとfacebookで、お話しして来ました母親) 落雷事故のヤフーニュース https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1533414603626667&substory_index=0&id=100008744266436&refid=17&_ft_=top_level_post_id.1533414603626667%3Atl_objid.1533414603626667%3Athid.100008744266436%3A306061129499414%3A82%3A0%3A1462085999%3A3236792123707909052&__tn__=%2As# 読まれて下さいませ。     

Unknown さんのコメント...

警察が、隠蔽
「救急搬送記録も、改ざんされました!
今年の1月12~16日 長居公園に岩永牧子銅像を作る為、嘆願書の書名活動中、3人の方から、娘さんの落雷事故、救急車の到着が一時間近く遅れて、見殺し状態だったと聞きました!
2月28日~3月1日の3日間にも、同じ様に言われ、 この3年8ヶ月で30人近くの方から聞きました。
4月6日~8日 当日、南トイレ前にいた方で、救急車到着が、時計をみたので、間違えなく  15時10分、救急搬送記録の14時34分は、真っ赤な嘘だと話して下さいました。 これは、犯罪です。 家族を騙し、世間を騙した 者は、許しません! それから、裁判所に、長居パークセンターの元社員(K)氏が救急車到着は、14時34分 それも、驚く事に我々の弁護士が書類を出した! 長居パークセンターは、主催者側の人間です!(怒) 裁判所に、提出する前、裁判官に裁判中 次の裁判で、元長居パークセンターの方と連絡がとれたと言われ、書類を出すと話した為、 裁判が終わった時、私は裁判室のドア付近で、大声をあげ、何で嘘をついた長居パークセンターの証言を出すのかと大声で怒鳴りました! 依頼者無視 315万支払って、裏切られたと思い、あれから、我々の弁護士を、心の底から恨むように成りました! 下記の、URLをクリック致しますと、長居パークセンターが言われる救急搬送記録が違う事が、はっきり分かります!!  この三年と8ヶ月 1ヶ月~2ヶ月に2日間必ず、長居公園に行き 足に豆を作りながら、大勢の方から岩永牧子(落雷事故)が報道とは、全く違う事を少なくとも30名以上の方から証言を頂きました!しかし、我々の弁護士は 3名の証言者の住所、名前、電話番号を知らせましたが、連絡するとこなく 挙げ句の果てに証言者を(ホームレス)扱いされ、裁判書に提出しませんでした! 3人の方は、年金者、会社員、◯◯の会長様です! 誰一人ホームレスはおりません! 落雷事故後、直ぐに箝口令(報道規制)が敷かれた岩永牧子の母  岩永和子(55歳まで生きましたので、全財産と命をかけ、真実をミクシィとfacebookで、お話しして来ました母親) 落雷事故のヤフーニュース https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1533414603626667&substory_index=0&id=100008744266436&refid=17&_ft_=top_level_post_id.1533414603626667%3Atl_objid.1533414603626667%3Athid.100008744266436%3A306061129499414%3A82%3A0%3A1462085999%3A3236792123707909052&__tn__=%2As# 読まれて下さいませ。」 - このメールに返信することにより、投稿にコメントすることができます。        Facebook        岩永 和子さんが、あなたがタグ付けされているリンクにコメントしました    岩永 和子4月10日 16:09 救急搬送記録も、改ざんされました! 今年の1月12~16日 長居公園に岩永牧子銅像を作る為、嘆願書の書名活動中、3人の方から、娘さんの落雷事故、救急車の到着が一時間近く遅れて、見殺し状態だったと聞きました! 2月28日~3月1日の3日間にも、同じ様に言われ、 この3年8ヶ月で30人近くの方から聞きました。 4月6日~8日 当日、南トイレ前にいた方で、救急車到着が、時計をみたので、間違えなく  15時10分、救急搬送記録の14時34分は、真っ赤な嘘だと話して下さいました。 これは、犯罪です。 家族を騙し、世間を騙した 者は、許しません! それから、裁判所に、長居パークセンターの元社員(K)氏が救急車到着は、14時34分 それも、驚く事に我々の弁護士が書類を出した! 長居パークセンターは、主催者側の人間です!(怒) 裁判所に、提出する前、裁判官に裁判中 次の裁判で、元長居パークセンターの方と連絡がとれたと言われ、書類を出すと話した為、 裁判が終わった時、私は裁判室のドア付近で、大声をあげ、何で嘘をついた長居パークセンターの証言を出すのかと大声で怒鳴りました! 依頼者無視 315万支払って、裏切られたと思い、あれから、我々の弁護士を、心の底から恨むように成りました! 下記の、URLをクリック致しますと、長居パークセンターが言われる救急搬送記録が違う事が、はっきり分かります!!  この三年と8ヶ月 1ヶ月~2ヶ月に2日間必ず、長居公園に行き 足に豆を作りながら、大勢の方から岩永牧子(落雷事故)が報道とは、全く違う事を少なくとも30名以上の方から証言を頂きました!しかし、我々の弁護士は 3名の証言者の住所、名前、電話番号を知らせましたが、連絡するとこなく 挙げ句の果てに証言者を(ホームレス)扱いされ、裁判書に提出しませんでした! 3人の方は、年金者、会社員、◯◯の会長様です! 誰一人ホームレスはおりません! 落雷事故後、直ぐに箝口令(報道規制)が敷かれた岩永牧子の母  岩永和子(55歳まで生きましたので、全財産と命をかけ、真実をミクシィとfacebookで、お話しして来ました母親) 落雷事故のヤフーニュース https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1533414603626667&substory_index=0&id=100008744266436&refid=17&_ft_=top_level_post_id.1533414603626667%3Atl_objid.1533414603626667%3Athid.100008744266436%3A306061129499414%3A82%3A0%3A1462085999%3A3236792123707909052&__tn__=%2As# 読まれて下さいませ。     

岩永和子 さんのコメント...

a-nation EXILE公演落雷事故(2時間放置され見殺しにされた牧子) http://pmc-kitakyushu.com/makiko-i ←詳しくは岩永牧子の母岩永和子のブロクへ http://pmc-kitakyushu.com/makiko/は、28.11.1突然 岩永和子のブログが突然壊されました>ログインもコメントも出来なくなり、4月よりブログの写真など全て破壊されております。時系列
11:00会場外でコンサートグッズ販売開始
13:30エイベックス「落雷可能性があるため会場への入場禁止」
(中止決定ではないため、チケット払い戻しについては案内せず)
14:00ゲリラ豪雨
14:15雷雨の中、会場の外で待たされていた女性4人が雷に打たれる。
後に木下晴日さん、岩永牧子さんが死亡
15:15別の場所で落雷被害。男女6人を病院に搬送。
16:00エイベックス「ライブ決行を発表」
落雷裁判の判決後の長居公園楠木の前で住民の方々の声 裁判官が、示す相当な距離とは?落雷現場から第2陸上競技場まで徒歩2分(142m) 落雷現場から長居スタジアムまで徒歩6分の誰もが知っていますメイン導線の横の楠木が相当な距離?
53890人4万キロから20キロ圏内何処に降ってくるか分からない雷を瞬時に20キロ動かなければ避けられない!長谷部幸弥裁判官地裁のトップと池田光宏裁判官高裁のトップ見本を見せて下さい。(長居スタジアム中心に半径2.5キロ圏内に落ちた雷を13:52から13:30の38分間に(270個)自己責任で回避して下さい。)電車の車両1両の長さは?JR在来線・大手私鉄・地下鉄車両1両 20mだそうです。  20m×7車両=140mが相当な距離?距離も測れない、54000人の把握も出来ない、ライブにも行った事のない裁判官達が判決を下した。常識の無い、裁判官達である(長居公園岩永牧子被害者を救う会メンバーコメント!!)
https://www.youtube.com/watch?v=j1vK1... ←a-nation EXILE公演 長居スタジアム主催者側の落雷

岩永牧子の母岩永和子 さんのコメント...

ご報告致します。
8月18日下記の書類を大阪地方検察庁へ刑事告訴致しました。
    告 訴 状       2017年8月16日
大阪地方検察庁 御中
告訴人   岩永 和子 ㊞
一、 当事者
福岡県北九州市小倉北区宇佐町二丁目4番3号       告訴人  岩永 和子
東京都港区六本木一丁目6番1号泉ガーデン30階   被告訴人  エイベックス・ライブ・クリエイティブ株式会社 代表取締役 黒岩 克己

大阪府大阪市北区中之島二丁目3番18号中之島フェスティバルタワー3階被告訴人 株式会社ミューベンツ・ジャパン 代表取締役 佐藤 浩史            
大阪府大阪市西区九条南一丁目12番54号      被告訴人 大阪市消防局 2012年8月18日当時の大阪市 消防局長

大阪府大阪市東住吉区東田辺二丁目11番39号    被告訴人 大阪府警察 東住吉警察署 2012年8月18日当時の大阪府東住吉警察署長

大阪府大阪市中央区法円坂二丁目1番14号      被告訴人 独立行政法人国立病院機構大阪医療センター 2012年8月18日当時の独立行政法人国立病院機構  大阪医療センター長

二、 告訴の趣旨

告訴人は         ① 被告訴人 エイベックス・ライブ・クリエイティブ株式会社及び株式会社ミューベンツ・ジャパンを「未必の故意による殺人罪(刑法第199条)          ② 被告訴人 大阪市消防局長及び東住吉警察署長を「保護責任者遺棄等罪」(刑法第218条)
③ 被告訴人 大阪医療センター長を「殺人罪」(刑法第199)で告訴ます。

三、 告訴の原因

(一)事実 
① 告訴人は、亡き岩永牧子の母である。                    ② 岩永牧子は、2012年8月18日、被告訴人 エイベックス・ライブ・クリエイティブ株式会社及び株式会社ミューベンツ・ジャパンが長居公園(大阪市東住吉区)で開催する音楽会に参加した。会場は13時30分に開場され、15時30分から公演が始まることになっていた。

③  ところが14時少し前から、雷が鳴り出し、雨が降り出した。すると、それまで客を指示、誘導していた被告訴人 エイベックス・ライブ・クリエイティブ株式会社及び株式会社ミューベンツ・ジャパンの係員等は、いち早く逃げ出し、誰もいなくなってしまった。

④ 猛烈な雷雨の中、約5万4000人の客は、ずぶ濡れになって逃げ惑った。長居公園には、陸上競技場以外に、これだけ多くの人々を収容できるさしたる建物も無く、人々は陸上競技場に走り、「入れてくれ!」と懇願した。しかし、係員は「ダメだ!」と扉を閉めて入れなかった。岩永牧子は、この入れてもらえなかった人々の一人である。

⑤ 公園の中の道路は、豪雨の為、川の様になっていた。猛烈な雷の中、その“川”の中を歩くこともできず、人々は悲鳴をあげながら、木立ちの中を逃げ惑った。岩永牧子は、この逃げ惑う途中14時10分から15分頃友人と共に落雷の被害に遭ったのである。
⑥ 14時25分頃、東住吉警察署から2名の警察官が自転車で来たが、水溜りの中で倒れている岩永牧子と友人に対し、何等の救急救命処置も施さず見ているだけであった。14時40分頃、東住吉警察署から更に4名の警察官が自転車で来たが、やはり被災した2人を眺めているだけであった。14時55分頃、覆面パトカーで警察官2名が来たが、やはり救命処置は一切せず、水溜りに倒れている2人をただ眺めていた。

⑦ 15時10分頃、救急車1台が来たが、真っ黒焦げになって、煙まで出ており、素人目にも即死していると分かる友人の方のみを搬送して行った。そして素人目にも気絶しているだけで生きていると分かる岩永牧子の方を放置して行ったのである。その場にいた人々は「この子(岩永牧子)の方が先だろうが!」と叫んだが、救急隊員は無言で聞き入れなかった。又、救急車はその場に10分程止まっていたが、岩永牧子に対し、何等の救命処置も施さなかった。

⑧ 岩永牧子と被災する直前迄、言葉を交わしていた人は、次の救急車が来るのをまだか、まだかと時計を見ながら、やきもきして待っていたが、自らもずぶ濡れになって震えが止まらなくなったので、後髪を引かれる思いをしながら、その場を離れた。その時、時刻は午後4時を少し過ぎており、何百人か何千人かの人々が水溜りの中で倒れている、岩永牧子の周りを取り囲んでいた。

⑨ 岩永牧子は、大阪医療センターに運ばれたがその正確な時間は不明である。救急車の中では、心肺停止の状態であったが、病院到着時には、心拍が再開し、血圧70/45mmHgであったと記録されている。又、到着時消失していた瞳孔の対光反射も確認され始め、自発呼吸も出始めてきたとの記載もある。しかし病院は、1時間に3000mlの「大量輸液」を行うとの方針を立て、2012年8月18日16時46分から同年8月19日6時48分までの約14時間に70,000ml以上の輸液をしたのである。           そして、岩永牧子は8月19日6時49分に死亡した。その時全身は、パンパンに膨れあがり、一見して誰なのかが分からない様な形相となっていた。
(二)違法性
(1)主催者 エイベックス・ライブ・クリエイティブ株式会社及び株式会社ミューベンツ・ジャパンの「未必の故意による殺人罪」について

2012年8月18日音楽会当日14時少し前から雷が鳴り出し、雨が降り出した時に、主催者側の係員が公園内の建物に客等を入れなかったのは、13時30分頃、主催者から係員に対し「雷雨が来るから客を会場にいれるな」との指示があったからとのことである。雷が鳴っている時に、外に立っていると落雷により死亡する危険が高いことは常識である。主催者は客に雷が落ちて死んでも構わないと思っていたから、係員に「建物に入れるな!」と指示をしたのであり本件は、「未必の故意による殺人」に該当する。

尚、主催者側の係員が人々を公園内の建物に入れなかったことについて、一般の大阪市民多数が、公園事務所や東住吉警察署に赴「長居公園は大阪市民の災害時避難場所に指定されている。物凄い雷雨で生命の危険に曝されている時には音楽会等のチケットの有無にかかわらず避難して来た人々を建物に入れるべきではないか。それを一民間人である主催者がいれないと云うのは許せない。」と抗議したそうである。

(2)大阪市消防局長及び東住吉警察署長の「保護責任者遺棄等罪」について

物凄い雷雨の中、建物の中に入れてもらえなかった岩永牧子他1名は、他の多くの人々と逃げ惑う途中落雷の被害に遭い、意識を失って倒れた。その場所は雷雨の為、池の様になった水溜りの中であった。やって来た東住吉警察署員等は、水の中で倒れている2人を見て、何の保護もしようとしなかった。何故せめて乾いた所に運んであげようとか、救急車が間に合わないなら、警察の車ででも近くの病院に運んであげようとかしなかったのであろうか。被災から1時間程経ってやって来た救急車は何故素人目にも死亡していると分かる人の方を乗せ、まだ生きている人を乗せなかったのか。しかもまだ生きている人に何の応急処置も施さず、冷たい水の中に放置したまま行ってしまったのか。岩永牧子は、午後4時過ぎには、まだ倒れていたとの証言があるので、結局被災して倒れてから2時間以上、水溜りの中に放置されていたことになる。消防局の救急隊員や警察官は、本件のような生命の危険に曝されている人を保護する責任がある。しかるに本件では、その保護をせず、2時間以上も放置したのである。

本件は、事件全体からみて、救急隊員や警察官個人の罪とは考え難く、その長たる大阪市消防局長及び東住吉警察署長に罪があると思料する。

岩永牧子の母 岩永和子 さんのコメント...

(3)大阪医療センター長の「殺人罪」について

大阪医療センターは、岩永牧子に対し、「大量輸液」を施行し、同人を死に至らしめたのである。そもそも輸液は水分が充分摂れない場合や手術等で出血したりして水分が失われた場合に行うものである。従って、その輸液量は足りない水分を補う範囲に限られる。一般に1日の必要輸液量は維持液量+補充液量とされ、維持液量は、不感蒸泄(10ml/kg/日)+尿量、補充液量は喪失量である。体重50kgの人であれば、1日の不感蒸泄分は約500mlということになる。又、輸液は心臓に負担をかけるものである上、一旦入れると回収することは難しく、殆ど不可能に近いので、入れ過ぎは絶対してはならず、少し足りない位に入れるというのが常識である。

本件の岩永牧子は、健康な若い女性で被災する直前まで食餌を充分に摂取しており、且つ出血等水分を失う要因は全くなかった。従って輸液の適用はなかった。更に岩永牧子は、落雷のショックにより、心臓が一時停止している。それがようやく動き出し、血圧も70m/45mmHgまで回復するに至ったが、心臓はまだ本調子ではなく、厚い庇護が必要な状態であった。

このような状態の中で、大阪医療センターは1時間に3000ml即ち1日(24時間)に72,000mlという驚くべき大量輸液の方針を立て、実行に移した。因みに岩永牧子の尿量は0であったとの記載がある。又、大量輸液の途中、腹部膨満等浮腫が出てきたので、除水したとしているが、その量は977mlに過ぎず、死亡する直前迄の輸液量 約70,000mlからすれば0に等しい。

この様に岩永牧子には、輸液の適用はない上、心臓が弱っているので、できるだけ心臓に負担をかける様な輸液は控えなければならないのに1時間に3000mlという驚くべき大量輸液を施行し、死に至らしめたのである。尚、1時間に3000mlの割合で輸液を続ければ、全ての人は死ぬであろう。これは明白な殺人である。

この場合も、医療センター職員個人の罪とは考え難く、その長たる者の罪であると思料する。

四、本件の背景

(1)賠償問題      一般に大勢の人を集めた催しで、死傷者が出た場合、死亡者には何千万円かの賠償金で済むが傷害者は障害が残った場合、一生補償しなければならないこともあり、何億円もの金がかかることがある。  それ故、その様な傷害者は殺してしまうというのが、裏社会の通則になっている様である。本件では、岩永牧子は、被災して水の中に倒れているのに救急車や警察は何もせず、2時間も放置された。それでも死ななかったので、病院へ運ばれ、止めを刺されたのである。尚、当日15時36分という岩永牧子がまだ公園の水溜りの中で倒れている時に、病院から告訴人に電話があった。この事実は主催者と消防局、警察及び病院の関連性をうかがわせるものである。

又、本件の催しは、10億円以上の収入が入っている筈であり、

後ろには、大物政治家がいると云われている。

(2)民事訴訟告訴人は主催者を被告として、「損害賠償請求事件」を提訴した。

しかし、告訴人の訴訟代理人は、主催者の係員は雷雨が始まるといち早く逃げてしまい、客を指示、誘導して避難させなかったこと及び避難場所となるべき建物の扉を閉めて客を入れなかったこと等、重大事実を一切主張しなかった。そうすると、次の様になる。“主催者の係員は適正に指示誘導しており、建物内へも自由に入れた。にも拘らず、岩永牧子は係員の指示誘導に従わず建物にも自由に入れるのに入らず、勝手に木の下に立っていた。故に落雷の被害に遭ったのは、自己責任である”と。二審で訴訟代理人は第一回口頭弁論期日を告訴人に前以て通知せず前日の午後になって突然通知してきた。告訴人は法廷内に入り、この弁論期日の事及び一審で主張されなかった重大な事実を主張したいから、弁論を続行して欲しい旨申し出たが、聞き入れられず、1回で弁論を終結された。即ち、二審判決も又一審判決と同様に重要な事実が隠されたまま為されたもので、まともな判決ではない。
(3)告訴人は本件の真相を知る為、当時長居公園にいた人々に話を聞きに回った。 すると奇妙なことを耳にした。当時のことを知っていると思われる。人々が変死したり、行方不明になっているのであるある人は殴り殺されたことは、素人でもわかるのに転んで死んだとされ、ある人は、踏み台も何も無いのに木に吊るされているだけで、自殺とされている。何処かで殺して木に吊るして置いたのだろう。告訴人も本件が始まってから、色々な嫌がらせをされ、生命の危険を感じることもしばしばあり、多数の防犯カメラを設置している。陰で犯罪が横行しているということは、不正が行われていることの裏返しである。
詳しくは、岩永牧子の母の岩永和子のブログへ ➡ http://pmc-kitakyushu.com/makiko-i/

最近の記事も是非どうぞ